私は歯医者が苦手です

父の希望で永代供養にしました

数年間のがんの闘病生活の後、父は旅立ちました。
もしよければ永代供養 京都すぐ相談してみましょう。
生前から、父の希望は「永代供養」にしてほしいとのことでした。
お困りでしたら永代供養にて補助します。
理由としては、私が一人っ子で長男の所にお嫁に行ったため、いらぬ負担をかけたくないとのことでした。
よければ永代供養 墓で検索してみましょう。
しかし、父の看病や手続きに忙しく、とても「永代供養」をしてくれるお寺を探すどころではありませんでした。
そんなことを、葬儀会社の人に話した所、知り合いのお寺の住職が最近「永代供養」をやり始めたので、電話してくれることになりました。こちらをクリックしてください永代供養 新潟が良いと聞きました。
もしよろしければ宇治市 永代供養で調べてみましょう。

 

元々、父は3男で実家も遠方にあったため、お墓はもちろんの事どこのお寺にもお世話になっていなかったため、そちらのお寺に一任することにしました。
お寺自体も、駅の近くにあり、車を運転できない母親にとっても好都合な立地でした。
父の永代供養は、お寺の中の専用の場所に、箱のようなものの中に位牌が建てられています。
箱の大きさにより値段が違い、父は標準タイプで30万円でした。
一番高いのは100万円です。
一応お墓のようなものもあるので、時折見に行くこともできますし、30年後には、お寺の方で供養してくださいますので、管理もなく安心です。
お困りのことがあれば日蓮宗 永代供養で相談に乗ります。